外来(1階)

  • 処置室、診察4室、救急処置室、点滴室、ドック室、内視鏡室
脳梗塞、脳出血を含む脳血管障害、神経内科、循環器科、麻酔科、内科、整形外科、睡眠外来を対象としています。診療介助に加え、脳ドック、胃カメラ、地域で在宅療養をされている方の訪問診療介助、手術・検査目的で入院される方の術前指導、外来手術患者の看護を実践しています。

ICU病棟(2階)

  • ICU7床、HCU12床、特殊疾患4床
重症脳梗塞・脳出血・くも膜下出血・外傷や脳腫瘍胸椎・頸椎の術後、循環器疾患などの看護を実践し24時間365日、救急対応に対応しています。

2病棟(2階)

  • 一般42床、地域包括ケア12床、特殊疾患4床
脳卒中、脳腫瘍、脊髄疾患、循環器疾患、神経内科疾患、麻酔科によるペインコントロール、内科領域と、多岐にわたる分野において、術前術後、検査処置、地域包括ケア病床におけるレスパイトにも対応する看護を実践しています。

手術中央材料室(2階)

  • 手術室、滅菌器、洗浄機、乾燥機
安全な医療材料の提供を実施し、毎年約300件の手術に対応しています。常に安全で質の高い材料を各部署へ提供するとともに、それ以外の業務にも迅速に対応できるよう他部門との連携を図っています。

回復期リハビリテーション病棟(3階)

  • 60床 うち個室4床
地域における各病院施設からも脳神経外科領域の急性期治療後・手術後、整形外科領域の術後などの対象疾患の患者さんに対し、リハビリテーションを実施しています。チーム医療・連携により在宅支援・生活支援につなげます。