理学療法とは

理学療法では、身体に障害をもった方の運動機能や基本動作・歩行動作能力の向上を支援する専門職の理学療法士(Physical Therapist:PT)が担当します。筋力低下・関節可動域改善に向けた運動療法、起き上がり・立ち上がり等の基本動作練習、日常生活動作の練習を実施します。PTは特に発症後の急性期リハビリテーションから携わり、端座位・立位保持、歩行練習へと進めていきます。
疾患・全身状態について医師・看護師と情報を共有し、可及的早期より端座位・立位保持練習等により肺炎や筋力低下等の二次的合併症の防ぎ、早期ADL拡大をめざします。急性期の理学療法は意識障害や神経症候等の改善・変化を把握し、運動機能の変化を踏まえながら、亜急性期、回復期の積極的なリハビリテーションに向けた第一歩をお手伝いします。
移動手段の獲得に向けて~様々な道具を活用した歩行練習~
「もとのように歩けるようになりたい!」多くの患者さんが希望されます。
脳卒中などにより足が不自由になると、歩行練習の最初の頃は、身体のあらゆる部分を最大限に発揮しようと精一杯となります。PTはこのような非効率な部分を詳細に分析し、障害に応じた歩行能力の獲得という目標を設定します。現在当院では症状に応じてロボットや補装具等を装着、調整しながら身体機能を最大限に発揮してもらい、様々な日常生活動作能力向上の波及効果を目指しています。

reha_science_img01.jpg

作業療法とは

病気等による障害によって、今まで、何気なくできていた当たり前のことが、難しくなった場合に、専門職である作業療法士(Occupational Therapist : OT)が、一人一人の状況に応じて社会復帰を支援していきます。「作業」とは、人としての行動のすべてを指します。そのため、作業療法士による支援は多岐にわたります。
作業療法士の支援内容は、障害の特徴と社会復帰に必要とされる課題によって変わります。障害の特徴は、大きく運動障害(筋力低下・運動麻痺・感覚障害)と高次脳機能障害(注意・記憶・判断力など)にわかれます。社会復帰に必要とされる課題では、食事・着替え・トイレなどの日常的な活動や、家事、仕事、地域活動などがあげられます。

急性期の状態から、運動障害や高次脳機能障害に対し、回復を期待した機能訓練をおこなうとともに、日常的な活動の動作練習をおこないます。そのため、事前に障害の特徴の評価・分析をおこない、訓練計画をたて、訓練をすすめていきます。体の状態が落ち着いて、積極的に訓練をおこなえる時期には、日常的な活動のほか、家事や屋外活動など、様々な動作練習をおこないます。

reha_work_img01.jpg 作業療法では、環境調整も支援の一つとなります。必要に応じて、ご自宅での生活や環境を聴取させていただき、福祉用具の選定や手すり設置などの環境調整の検討もおこないます。

生活に即した活動の動作練習は、やる気と達成感が得られやすく、練習する上での目標となります。日常的な活動を用いて、自分自身でできることを増やしていく経験こそが作業療法の大きな特徴です。

言語聴覚療法とは

言語聴覚療法とは、言語(ことば)や嚥下(飲み込み)などの機能の障害の評価を基に、社会生活上に必要とされるコミュニケーション、嚥下(飲み込み)の障害に対して行うリハビリテーションです。
当院では脳血管疾患等により失語症、構音障害、嚥下障害を生じた方が対象となります。言語聴覚士(Speech language hearing Therapist:ST)が、発症直後の急性期から意識状態、全身状態を確認しながら、コミュニケーション・嚥下(飲み込み)の状態を評価してリハビリテーションを行い、地域社会へ復帰されるまで言語聴覚療法を行います。

言葉が出てこない・理解が難しい(失語症)
reha_language_img01.jpg 失語症とは、言語(文字や音声)の理解が難しくなったり、思ったように言いたいことが言葉にならない状態になることをいいます。ご家族やスタッフなど様々な人たちと円滑なコミュニケーションが図れるよう回復状況に合わせて必要な練習を行い、身振りなどの代替手段を含め有効なコミュニケーション手段を提案します。
ろれつがまわらない(構音障害)
構音障害とは、発声発語器官(口や舌や頬など)の動きが低下すると、なめらかに話すことができなくなり、舌が回らない(ろれつがまわらない)などの状態になることをいいます。また、声が小さくなってしまった場合や、声がかすれて声にならないなどの症状がでる場合もあります。このような症状に対して、しゃべるために必要な発声発語器官の運動訓練や、発声・発音訓練、話し方の練習などを行います。
このようにSTでは、退院後の社会生活に必要なコミュニケーション環境の評価・調整を併せて行っております。

たべもの(のみもの)・だ液がうまく飲み込めない(摂食嚥下障害)
reha_language_img02.jpg 摂食嚥下障害とは、食べたり、飲んだりができなくなり、むせる、のどにひっかかる、ガラガラ声になるなどの状態になることをいいます。入院直後より意識状態、全身状態を確認しながらチームアプローチが開始されます。
STでは誤嚥性肺炎防止など安全な栄養摂取方法に向けて嚥下機能を観察し、必要な評価・検査を実施しながら医師や看護師などと情報の共有化を図ります。
回復状況に合わせて病棟生活、社会復帰後の生活において安心して食事が行えるように支援しております。